気になる一言

先日からひきずってしまった一言。

本番を終えて、知り合いから「本気で演奏をしていなかったよね。」って
言われてしまった。
咄嗟にその時は肯定してしまったけれど、実は悲しくなってしまい、
今日までピアノに触れることができなかった。

練習をしなければならない曲もたくさんあるのに、情けないことに
気持ちが切り替えられない。

「本気で演奏をしていない」といった言葉に落ち込んだのか、
「気持ちが全く感じられないと思われるほどの演奏をしてしまった自分」に
悲しくなってしまったのかは、わからない。

でも演奏に、本気じゃないものってあるんだろうか。

どんな曲でも、本番をむかえるにあたって、練習もするし、精神的にも体力的にも、
ベストなコンディションにもっていき、集中して演奏にのぞんできたつもり。

緊張をして自分らしい表現はできなくても、真剣に曲とむきあって弾いたつもりなのに

でもきっと、相手にとっては、さりげなくいった一言だったんだろうなと思う。

何気ない一言が、人を傷つけたり、傷ついたりしてしまう。

自身も日々、レッスンで小さなお子様、そして大人の方と関わりあうけれど、

言葉には気をつけたいなと、しみじみ思う。

    

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

     
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
Welcome to TMN !!